Dr.Sha

Dr.Sha

Dr.Shaの特許処方

Patent formulas
養脳力
ynr
  • 日本特許 出願番号 2017-151733

特徴:

  • アルツハイマー及びその心理状態の予防。

  • 脳細胞のアンチエイジングと活性化。

  • 毒素などによる脳細胞の損傷予防。

  • 脳細胞の炎症ダメージ予防。

  • 神経細胞の分化·成長の活動維持。

  • 自立、記憶、精神面へのサポート。

「養脳力」脳細胞内の老廃物を最小限に抑える

 

アルツハイマー病の原因とも言われてる「アルミロイドβ」は、異常なタンパク質で脳細胞に溜まると、脳の神経細胞の働きを低下し、萎縮と壊死させると考えられています。神経細胞が異常になると、細胞同士の伝達が難しくなり、記憶や妄想、思ったように行動できないなどの障害が表れます。

「養脳力」は、複雑で標的にしづらい脳に直接作用する処方ではなく、肝臓の老廃物濾過機能に働きかけ、脳内にあるアミロイドβや毒性である老廃物の蓄積を阻止し減少させる働きがあります。2018年に行われた研究で、養脳力は脳細胞の損傷予防と炎症予防に優れた効能をもたらすことができると分かりました。

「養脳力」の働き方

Step 1

特殊処方で肝機能
をメンテナンス

Step 2

濾過機能を改善

Step 3

老廃物を
徹底的に除去

Step 4

脳に流れる
血液質を改善

Step 5

脳細胞の保護

Step 6

脳細胞の
活性化と正常化

  • アルツハイマー病の脳だけの問題ではない!

     

    アルツハイマー病は明らかに脳の病気だが、それがどこからやって来て、どのように止めることができるのかを理解するためには、身体のすべてに目を向ける必要があります。

    医学専門誌『モレキュラー·サイカイアトリー』
    ウェイホン·ソン教授
  • ボケは肝臓が原因だった?

     

    アルツハイマーはプラズマローゲン(脳細胞の老化を防ぐ物質)の減少によって発症すると考えられる。肝臓はプラズマローゲンを生産する臓器なので、密接に関連している。

    米国ペンシルベニア大学 Dr. Mitchel A. Kling

服用対象者

「養脳力」が目指す自立するシニア

国や環境により「認知症やアルツハイマー病」に対する意識や取り組み方はそれぞれですが、共通点の一つとして介護者の苦悩が挙げられます。金銭面はもちろん、最も介護者を苦しむのは「精神面」だと言われています。24時間体制のケア、言葉の暴力、先の分からない絶望感に不安を感じる人が多い。アメリカカルフォルニア大学で行われた認知症調査で以下のような結果となりました。

20%の介護者は、要介護者を虐待する恐れがあると自覚している

62%のアルツハイマー患者は、介護者から虐待を受けたことがある

現在において、認知症を完治する薬はまだ開発されていません。ご自分・ご家族の為にも「予防」を心掛けながら、精神的に充実する生活を過ごしましょう。

実績報告

  • 女性
    70代
    認知症

    認知症にならないように

    親友の勧めで2017年11月から自然素材の「養脳力」を飲み始めました。
    本当に飲み易く、携帯にも便利で、一日一回の飲み方が助かります。今、80代の主人も飲み始めました。
    認知症にならないように頑張ります。

    もっと読む

  • 女性
    70代
    頭の疲れ

    目標に向けて勉強中

    養脳力を飲んで4カ月になります。私は現在、目標に向けて勉強中ですが、長時間の勉強での頭の疲れが緩和されました。そして嬉しいことに、どんなに頑張っても痩せられなかった私が1㎏痩せたんです。

    先日久しぶりに会った友人達に「あなた変わったわね、キレイね。」と言われ嬉しいです。

    もっと読む

「養脳力」と全く同じ原料を取り入れれば同じ作用があるのか?

答えは、不可能!

 

特に生薬は料理と似て、同じ素材を使用しても、作り手の工夫や下処理で完成品が異なってきます。「養脳力」においては厳格に各素材を炮製(下処理)し、不要成分の除去や有効成分を抽出してから加工に入ります。炮製だけで、熬・炒・碎・水漬・飛などのプロセスを用しますが、素材別に炮製する時間や順序も異なります。

この複雑な処方は、現在日本において特許出願中です。

200年前からの知恵

 

1823年に書かれた医学古典「辨証奇聞」に“脳を治療するなら肝臓から”と書かれたように、中医では大昔から脳と肝臓は密接に関連していると考えられていました。実際に肝臓は、体の老廃物を分析するほかに、脳細胞の老化を防ぐ物質を生産し、栄養などを脳に送る血液の巡りを促進する働きなど、現代の研究でも聡明生活に必要不可欠な存在と注目されています。

Dr SHA からのメッセージ

「お酒の飲みすぎは肝臓に悪い!」
しかし、実際にどんな症状があるのでしょうか?

 

記憶喪失、喜怒哀楽、頭痛など、肝臓がアルコールの分解でオーバーロードしている時、密接に関連する脳にも変化が起きます。
私は、脳健康の原点である肝機能のメンテナンスから見直し、体内バランスを利用した方法で予防・処置をすることが最も安全で理想的だと確信しています。まだ未知の多い脳ですが、予防対策を徹底的にすることで、いつまでも素敵な記憶と共に自立した生活が出来るようお役に立てればと思います。

  • 製品名:

    養脳力(Brainwell)

  • 日本特許出願番号

    2017-151733

  • 特許効果:
    (申請中)

    認知症もしくはその心理症状の予防及び改善

    脳の活性化

    神経変性疾患の予防もしくは改善

  • 原産地:

    日本

  • 主な研究
    関連機関:

    政府認定研究所(香港)

    原田病院(日本)

  • 主な原料:

    田七人参、杜仲(若葉、木部、実)

  • 形状:

    錠剤

  • 主な販売国:

    日本、香港、海外諸国開拓中

  • 開発年:

    2017年

  • キーワード:

    認知症

    アルツハイマー

    脳細胞活性化

    予防

    初期改善