Dr.Sha

Dr.Sha

健康相談室

Q&A
2020.09.21

 

「舌癌の犬は治った」

 

〈私の回想シリーズ〉

 

友人の中型犬は舌癌で、数十万円を使って治療したが、まだ流血が止まらない、痛そう、食べ物や水も舐めない状態でした。奥様の心配がますます増え、これからどうすれば良いか?注射で生命を維持する?注射器で食品を胃に注入する?犬が苦しむのを見るのがつらいです。何とかならないか?

 

友人からの電話で相談が:

「人間の漢方を使えますか?犬でも可能?自分が使った漢方養生製品を犬にも使えますか?害がないですか?」

私は「漢方は人間で使えますが、動物も使えます、しかも人間で使用する前に、動物実験をやる習慣(或いは科学検証の一部)があります。大きな失敗は動物実験でへ止まっている。一般論として人間で使用成功した物は動物に害がないでしょう。しかし使用方法、使用量に要注意です。」

 

数日後、また友人から電話がありました。

「家内に内緒で朝食時に手に入れて食卓の下に犬に誘ったところ、犬が漢方養生製品を舐めてくれた!三日間続けると、出血が明らかに減少、今日、出血が止まった!漢方養生製品をなめさせたことを初めて家内に説明しました、これから毎日堂々と舐めさせる。」

 

出血が止まってから数日後、食事は自力で食べる事ができました。本当に嬉しい話を伺いました。

 

また、検査によりがんが小さくなった、外出して犬の散歩が再開した、周囲の驚き関心と話題がかなり増えたという話も伺いました。

 

本当に嬉しいことでした。

 

友人は大手コンビニエンスストアの本部の幹部、ベットフードの漢方入り養生食品を開発、発売の案を企画し、実行しました。その後、大きな実績が出来ました。

 

漢方養生食品の応用範疇が広がった事を実感し、嬉しく感じました。

Dr.Shaに質問

ご質問内容
性別
年齢
歳(半角数字)
内容を確認する
ご利用上の注意